ippo会員紹介 ♯001

2022.07.07

お知らせ

こんにちは。コドモとオヤのコミュニティ広場ippoです。ippoでは、親子で過ごしにくる方が多い印象があると思いますが、お仕事をするためにコワーキング利用されているかたもたくさんおられます。

そんなコワーキング利用の月額会員さんをご紹介します!「会ってみたい」、「協業できるかも!」などと思ったら是非ippoへ会いに来てくださいね。





---会員さんの紹介---



川辺 真(かわべ まこと)さん


こども陸上クラブホップ代表

富山県陸上競技協会強化部跳躍専門コーチ

社会人陸上クラブTOYAMA FOKUS代表

JAAF公認ジュニアコーチ資格保有

日本大学出身。

高校時代に全国大会3位。

地区大会入賞圏外だった中学時代から3年間で全国

トップ選手へ。当時の経験から 誰かと競う以上に

「己と向き合うこと、人に感謝すること、楽しんでス

ポーツをすることの大切さを伝えたい」という想いを

持って指導に励む。社会人になった現在も現役選手と

して大会に出場する。

専門はジャンプ系走り高跳び。







---現在のお仕事である「陸上クラブ」を始め

たきっかけを教えてください---



小学生の時、陸上の県大会で3位になり、その大会が

きっかけで中学から陸上を始めました。やる気に満ち

溢れて陸上競技部に入りましたがなかなか結果が出ず、

苦しい経験をしました。当時の私は根暗で人前で話す

ことが苦手な男子中学生だったと思います。

高校に進学し、陸上競技を続けると、高校の先生は私

の練習にほぼつきっきりで指導してくれ、その後、記

録が伸び、県大会で2位。大会に出場するたびに記録も

向上し全国大会でも戦えるレベルになりました。

そんな経験を重ねて、陸上競技がもっと楽しくなり、

自信出て、人前でも話せる人になっていったように思

います。

この経験は私だけのものではなく、「たくさんの子ど

もたちにも味わって欲しい。」そのように感じ、陸上

を教えてたくさんの子どもたちを成長させられる場所

づくりのため、陸上クラブを始めました。







---今後挑戦していきたいことを教えてくださ

い---




陸上競技を好きなってもらう活動はこれまで通りもク

ラブのホップを通じて行なっていきます。

今後はホップで陸上競技が好きになった子たちにもう

一つ上のレベルを目指せる指導をしていきたいと思っ

ています。

結果が全てではありませんが、良い結果を目標として

練習していくことでその過程で得られるものに気づい

て欲しいです。

そこで得られたことはきっと彼らは今後の人生で役に

立つものになると思っています。


私たちはクラブの運営をこどもたちの親御さんからお

金をいただく形で行なっています。

中には金銭的な部分を理由に練習に参加できない子ど

もたちもいます。そんな子たちでも練習に参加できるよ

う、みんなで応援する仕組みづくりもしていきたい

と思っています。


取材にご協力下さりありがとうございました。

RECOMMENDEDおすすめ記事